タイム・ディレクター「合格時計」第4作ブルー

2014年12月、今までの「合格時計」をさらに進化させた第4作の発売を開始いたします!

2011年に「合格時計」を発表して以来毎年多くの受験生にご愛用いただき、見事合格の嬉しい知らせがたくさん届いています。受験生のみならず、受験を指導する有名進学塾の公式時計となるなど、受験のプロの先生方にも推薦をいただく ≪受験のための必需品≫ として知られるようになってきました。

第4作は、タイムマネージメントの機能はそのままに、デザインや形状を大幅に変更し、今までの1作〜3作とは全く異なる「合格時計」が誕生いたします。


【タイム・ディレクター「合格j時計」の具体的な効用】
タイム・ディレクター「合格時計」は受験のために開発された唯一の時間管理時計です。
一般的に腕時計は現在の時刻・開始時刻・終了時刻と、瞬間的な時刻を確認するために使われています。
タイム・ディレクター「合格時計」は瞬間的な時刻の確認はもちろん、これから始まる大事な時間を最も効果的に活用できるように考案された腕時計です。特に時間管理の極限とでもいうべき受験の世界では、一度だけの限られた試験時間内で今まで蓄えてきた学力を十分出しきれるかどうかが合否の分かれ目ともなるのです。
学生たちが受験で失敗する原因は大きく分けて2つあると受験指導のプロが常々指摘しています。
1つは時間配分を誤り最後まで問題を解き終えられないこと、もう一つは問題の単純な読み間違え、いわゆるケアレスミスです。そして、こうした失敗を避けるための機能とともに時間の効率的な使い方を体で習得していく訓練をする道具として「合格時計」は生み出されました。
何よりも大切なのは、残り時間を瞬時に把握し、限られた時間を効率的に配分し最後に見直しまとめ上げる時間を作ることです。
 


  【使い方は簡単です】  

試験や日頃の勉強で決められた時間を効率よく配分し活用するために以下の手順で操作します。

●開始前に3時位置のリューズガードを持ち上げます。

●リューズで残り時間を表示するインナーベゼルを回し、▽を終了時刻(分)に合 わせます。(インナーベゼルは左右どちらにも回すことができます)
 
●合わせ終わったら、リューズガードを押さえて元の位置に戻します。



【具体的な残り時間の見方】
10時50分が終了時刻と仮定した場合、左の図の様にインナーベゼルの▽を50分に合わせておけば、長針(分針)が指し示す数字が常に残り時間を教えてくれます。下の図では残り時間が40分であることが一目で分かります。


【ご注意】 
このモデルは薄く、軽くするために起き上がる構造(フリップアップ)は省いていますが、ラバーベルトがしっかりできていますので簡単に起き上がらせることができます。




国産高精度クォーツムーブメント(月差15秒前後の誤差)
ステンレススティールケース ケース径: 41mm  ケース厚: 9mm        
風防: ミネラルクリスタルガラス  5気圧防水                                
ストラップ: クロコ風ラバーストラップ
残り時間は文字盤内にインナーベゼルを配置しています(インナーベゼルは左右どちらにも回せます)
made in Japan(日本製)



【発売元】
あらゆる時計を知り尽くした信頼の正規時計店〈ビジューワタナベ・白金台オルロジュリ〉からの提案です。

【お問い合わせはこちらから】→ shop@sirokane-select.shop-pro.jp
電話でのお問い合わせは03−3441−2237、また電話でのご注文も承ります。

型番 TD001TD-4・ブルー
定価 38,880円(税込)
販売価格 38,880円(税込)