夢を叶えるドラゴン

2012年の干支は辰(龍・ドラゴン)です。
今年の干支に願いを込めて「夢を叶えるドラゴン」の発表です。

古来よりドラゴン(竜=龍)は大地に生命を与える水の流れの象徴であり、蛇行するその姿が蛇に似ていることから作り上げられた自然神とも言うべき存在です。神もしくは霊獣として天空を支配し、自然現象の多くは竜の仕業とされてきました。
その中、五本指でしかも玉を握る竜は絶対的な権力を表していたのです。



「夢を叶えるドラゴン」はイタリアのジュエリーデザイナー・ジュエリーモコさんに作製を依頼しました。
ジュエリーモコさんはイタリアで活躍する日本人ジュエラーで、銀の手作り細工を得意としヨーロッパでは雑誌で紹介されるなど高い評価を得ています。
シルバー台に本場イタリアのエナメル絵付けを施したドラゴンは、縁起を担いで8の字を描いています。
立体的に表現されたドラゴンは5本指で玉(ガーネット)を持ち、自然界のパワーを表現しています。


★ 日本にも竜にまつわる興味ある話がいくつもあります。
古くは「古事記」に記された「ヤマタノオロチ」も竜ではないかと言われています。
伝説上の生き物で唯一、十二支に採用されたのが竜(龍)、他にも、将棋の駒で言う飛車成りの「竜王」や、いわゆる出世のための「登竜門」も鯉が滝を登ると竜になるとされており、また、近頃流行の「風水」も地形占いによるもので、竜に囲まれた土地は繁栄するとのいわれからきているようです。
「会津の白虎隊」は皆さんも良くご存知でしょうが、会津藩の中で年齢により組織された「白虎隊」「朱雀隊」 「青龍隊」「玄武隊」の構成も実は陰陽五行の竜に由来すものです。
陰陽五行説では、四方をそれぞれ白虎・朱雀・青龍・玄武の竜が守りを固めていたと言われています。



人は時として特別なパワーがあればと願うものです。竜(龍)の字が人名にも良く使われるのも同様の理由からでしょう。竜が発する特別なパワーを信じ身近に感じてみるのも悪くはないでしょう。




《素材》 スターリングシルバー(925)
     エナメル仕上げ
     玉はガーネット

型番 RP-Dragon-GA
販売価格 37,800円(税込)